回復期リハビリテーション病棟のご案内

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

_edited_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟の理念

「私たちは、病気やけがによって、さまざまな障害をもった方に、リハビリテーションを計画的に行い、1歩でも自立に向けた支援をいたします」

s800x424_75515b9c-18e9-4134-b1f3-91fb64d33cf6.jpg
回復期リハビリテーション病棟とは

脳血管疾患又は整形外科疾患などの患者さまに対して、日常生活動作 (ADL) の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

医師をはじめ、看護師・看護補助者・社会福祉士・ソーシャルワーカー・

​管理栄養士・薬剤師・作業療法士・理学療法士と、

「ともに一歩ずつ・・・」

患者様を中心とし多職種が協同して皆さまを支援していきます。

入院案内1.jpg
入院から退院まで

◎入院の準備

 急性期病院等からご紹介、又はご家族様からお申し込み頂きご入院して頂きます。

 入院後、全身評価を行います。

    ↓

◎リハビリテーション計画・実施

 医師の指示のもと、患者様に適したリハビリ計画を立案し、

 リハビリテーションを開始いたします。

    ↓

◎検討会 (カンファレンス)

 患者様に関わるスタッフが集まり、患者様の状態、リハビリテーションの進み具合を報告し、

 問題点について話し合い、今後の治療・訓練・方針について検討します。

    ↓

◎退院準備 ~ 退院

 在宅での生活がスムーズに行えるよう、家屋調査・介護サービスの準備や家族指導を

 スタッフ全員で行っていきます。

医療記録の分析
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 1

対象疾患                      

脳血管疾患、脊椎損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、

脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要

する状態

発症から入院まで2か月以内 入院期間 150日

hospital_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 2

対象疾患                      

高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の脊髄損傷、頭部外傷を含む多部位外傷の発症

又は手術後

発症から入院まで2か月以内 入院期間 180日

takeda_1808_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 3

対象疾患                      

大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の骨折、2肢以上の多発骨折の受傷、又は手術後

発症から入院まで2か月以内 入院期間 90日

img_basicinformation_cd_therapy_04_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 4

対象疾患                      

外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後

発症から入院まで2か月以内 入院期間 90日

physician_img01_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 5

対象疾患                      

大腿骨、骨盤、脊髄、股関節又は膝関節の神経、筋又は靭帯損傷後

発症から入院まで1か月以内 入院期間 60日

nurse-assistant-1_edited.jpg
回復期リハビリテーション病棟入院対象疾患 6

対象疾患                      

股関節又は膝関節の置換術後の状態

発症から入院まで1か月以内 入院期間 90日

s800x424_75515b9c-18e9-4134-b1f3-91fb64d33cf6.jpg
入院までのながれ

医療機関・ご家族からの入院相談 地域医療連携室までご連絡下さい

TEL :042-748-1201(代表) FAX:042-748-1271 

◎ご本人・ご家族による当院のご見学 → ◎入院判定会議 → ◎入院日決定 → ◎入院